categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
categoryナヤマルシェ

カブトビールと納屋橋の関係

trackback0  comment0
【カブトビールと納屋橋の関係】

10月11日~12日の二日間にわたり盛大に開催される『レトロ納屋橋ビアガーデン』。今回のビアガーデンにおいて一番のニュースは『完全復刻判カブトビール』の登場です。前回の特集では「カブトビールって何?」をご紹介させて頂きましたが、今日は「何故カブトビールを納屋橋で?」をお届け致します。

さかのぼること明治33年(1900年)。フランスで開催されたパリ万博において「カブトビール」は栄誉ある金賞を受賞しました。それは創業者である中埜又左衛門と盛田...善平が試行錯誤のうえ醸造に成功した「丸三ビール(カブトビールの前身)」誕生からわずか10年後の出来事でした。カブトビールにとってこのニュースは全国展開への足掛けとなり、知名度と共に爆発的に全国へシェアが広がったそうです。そしてパリ万博での名誉から6年後の明治39年、東海地方における営業拠点として、納屋橋の南東端に「カブトビール名古屋支店」が誕生しました!ちなみに、当時の納屋橋は木造製。そんな中カブトビール名古屋支店のビルは最上階にドーム型の塔が2つそびえ立つハイカラなデザインと、夜にはその塔に備え付けられた電飾が輝きを放ち、一際目を引く納屋橋のランドマークとして市民に親しまれていたそうです※1
10612613_694481927285127_5428149543565143181_n.jpg
1781921_694481960618457_3401989089054156344_n.jpg

※1出典)カブトビール資料館
http://w01.tp1.jp/~a031566531/kabutosiryokan.htm


大正2年にレトロな鉄骨製デザインの橋に生まれ変わった納屋橋よりもっと前に、納屋橋界隈を代表する建造物としてこの町に根付き、そしてこの町と同じ歴史を共有してきたカブトビール。二つの大きな戦争の波に飲み込まれ、久しく閉ざされていた歴史が70年あまりの時を得て今解き放たれようとしています。カブトビールが戦後初めて、地元半田市以外で復活を遂げる場所として選んだのは私たちの町「名古屋納屋橋」。そしてレトロ納屋橋ビアガーデンの会場は旧カブトビール名古屋支店跡地と目と鼻の先にある「納屋橋ゆめ広場」です。完全復刻判として現代によみがえる明治時代の『カブトビール』を思う存分満喫しながら、現在もレトロな佇まいを残す納屋橋、そして先人たちが歩んだ様々な歴史絵巻に思いを馳せてみては如何ですか?


【ナヤマルシェ2014】
開催日時2014年10月11日、12日
会場広:アクアタウン納屋橋&ゆめ広場(レトロ納屋橋ビアガーデン)
時間:11:00~18:00(予定)雨天決行
主催:広小路西通り商店街振興組合、ナヤマルシェ運営事務局、 第14回堀川ウォーターマジックフェスティバル、レトロ納屋橋まちづくりの会

☆ナヤマルシェへ出店しよう!☆

運営事務局では只今出店者さまを大募集中!
詳しくは過去のタイムライン、又はHP↓の出店要項をご覧下さい!
http://nayamarche.blog.fc2.com/ もっと見る


スポンサーサイト
categoryナヤマルシェ

【カブトビールと納屋橋の関係】

trackback0  comment0

今年のナヤマルシェに登場する『レトロ納屋橋ビアガーデン』では、幻の銘柄【カブトビール】が完全復刻判として登場致します。
現在、製造工場の存在する知多半田市内でも、年間を通して極々限定的にしか販売されていないカブトビールが、ここ名古屋地区に登場するのは正真正銘戦後初であり、また、完全受注生産というプレミア級のビールが名古屋エリアで楽しめるのは、このレトロ納屋橋ビアガーデンが今年最初で最後の機会になります。
そこでナヤマルシェでは開催までの間、『...カブトビール』ってそもそもどんなビールなの?そして何故「納屋橋で?」っという素朴な疑問をひも解く『幻の銘柄 カブトビール』をシリーズ形式でご紹介させて頂きます・・・

10615488_691835340883119_1315640110077290351_n.jpg


part 1『カブトビールとは??』

皆さんは戦前日本に五大ビール会社が存在したのをご存知ですか?それらは現在でも馴染みの深い「アサヒ」、「キリン」、「サッポロ」、「ヱビス」・・・そして『カブトビール』だったのです。また、カブトビールは愛知県知多半田市発信の「ご当地ビール」でありながら、東海地方をはじめ日本全国多くの愛好家に慕われた人気ビールであった事が当時の記録として残っています。戦前大都市に君臨した既存四大ビールメーカーに盛んに挑んだ地方ビール会社の活躍と努力は想像に難くありませんが、その心意気と誇り高き技術力、創造力は、現在半田市に残る赤煉瓦建物(旧カブトビール工場※来年の一般公開に向けて現在改築中)の内部にて垣間見ることが出来ます(写真参照)。

10565196_691835787549741_4650366631580811428_n.jpg


さて、カブトビールの歴史は長く、その登場は明治時代にまでさかのぼります。現在ではミツカンの名称で親しまれている中埜酢店4代目・中埜又左衛門さんと、後に敷島パンを設立する事になる盛田善平さんの二人が試行錯誤のうえ明治22年醸造に成功したカブトビールは、後にドイツ人エンジニアの手が加えられ本格的なビールとして日の目を浴びる事となります。そして明治33年にパリ万博で名誉ある「金賞」に輝いてからは爆発的にシェアが広がり、見事日本を代表する五大ビールの仲間入りを果たしました。うん、凄いぞカブトビール!そして第二次世界大戦の戦況が悪化する昭和18年、企業整備令により工場は閉鎖を余儀なくされ、40年余りに及ぶその歴史に幕を下ろす事となったのです。実際に赤煉瓦建物の壁面には米軍による数多くの銃撃の傷跡が残っていますが、これはカブト工場閉鎖後に中島飛行機製作所の資材倉庫となったことも関係しているかもしれませんね?

さて、でも皆さんが実際に一番気になるのは「味」についてですよね?そこで先日半田市にて復刻判カブトビールを試飲する機会を頂いた私たちスタッフの感想を述べますと・・・総じて「フルーティーですごく飲みやすい!」。
一見すると黒ビールを思わせる琥珀色、でも現存するどのビール銘柄とも違う独特の風味が口の中に広がり、ビールが苦手な人でもクセになる事間違いないおススメの味ですよ!また、半田市に残る旧カブトビール工場の保存を目的に設立された『赤煉瓦倶楽部半田』の皆様によれば「生ビールがこれまたデリシャス!!」との事ですので、レトロ納屋橋ビアガーデンでは是非出来立てホヤホヤ(ビールはキンキンに冷えてます)の「生カブトビール」をご賞味ください!もちろん、ビール以外にも食欲をそそるフードコートも登場しますので、お腹ペコペコにしてナヤマルシェへ遊びに来てくださいね!

10580092_691841250882528_2464827634994797639_n.jpg


Part 2ではカブトビールと納屋橋の関係についてお話し致します!

【ナヤマルシェ2014】
開催日時2014年10月11日、12日
会場広:アクアタウン納屋橋&ゆめ広場
時間:11:00~18:00(予定)雨天決行
主催:広小路西通り商店街振興組合、ナヤマルシェ運営事務局、 第14回堀川ウォーターマジックフェスティバル、レトロ納屋橋まちづくりの会

運営事務局では只今出店者さまを大募集中!
詳しくは過去のタイムライン、又はHP↓
http://nayamarche.blog.fc2.com/
をチェックしてください!!
categoryナヤマルシェ

幻のビールが復活

trackback0  comment0
こんにちは、こちらはナヤマルシェ運営事務局です。


10月11日~12日に開催されるナヤマルシェ。

今日はそんなマルシェ一番の目玉スペースである

【レトロ納屋橋ビアガーデン】のご紹介です。


10565154_688519994547987_8622991329465071061_n.png

【カブトビール】

若い世代には馴染みの薄い名前かもしれませんが、

この↑カブトビールとは、日本五大ビールの一つとして

戦前この地域イチのシェアを誇った銘柄でした。

そんな幻のビールが、ここ納屋橋で10月に二日間のみ

限定復活します。

何故?納屋橋??っと疑問に思う方も多いと思いますので

こちらの写真をご覧ください!!

02_05_05.jpg

昭和四年ごろの納屋橋風景。

納屋橋の奥に立派な建物が見えますが、

この建物こそ《カブトビール名古屋支店》

だったのです。

現在では旧工場が存在した

知多半田エリアのみで極々限定的に販売されている

カブトビール。もちろん、レシピから製造方法に至る全てを

忠実に復活させるまでには、半田にて活動を続けていらっしゃる

『赤煉瓦倶楽部半田』のメンバー皆様の相当なご苦労があったことは

想像に難くありません。

レトロ納屋橋ビアガーデンでは

戦前、ビール造りに情熱を注いだ先人たちの

誇り高き息吹と極上の味わいに思いを馳せながら、

秋風そよぐレトロな納屋橋エリアも満喫いただければ幸いです。

幻の銘柄

カブトビールはついに10月のナヤマルシェで復活です。

どうかご期待ください!





【ナヤマルシェ2014】
開催日時2014年10月11日、12日

会場:アクアタウン納屋橋&ゆめ広場
時間:11:00~18:00(予定)雨天決行

主催:広小路西通り商店街振興組合、ナヤマルシェ運営事務局
協力:第14回ウォーターマジックフェスティバル、レトロ納屋橋まちづくりの会


ナヤマルシェでは現在出店者さまを大募集中です。
詳しくは当ブログの出店要項をご覧ください。









categoryナヤマルシェ

ナヤマルシェ出店募集要項

trackback0  comment0
10169376_731706770212813_6474560355376891557_n.jpg




【ナヤマルシェに出店しよう!!】

ナヤマルシェでは会場となるアクアタウン納屋橋一階スペースの拡大につき、只今出店者さんを大募集中。
また、今年からは出店料金をどなたさまでも気軽にご参加頂ける設定に改訂致しました。
名古屋で唯一の広小路通りで開催される『マルシェ』を私たちと一緒に盛り上げませんか?
尚、現在お問い合わせが増えてきておりますので、期間中におきましても定員に達した時点で受付を終了いたしますことを予めご了承くださいませ。


≪ナヤマルシェ2014≫
開催日時2014年10月11日~12日(土、日)
会場:アクアタウン納屋橋1Fスペース
サブ会場:ゆめ広場(レトロ納屋橋ビアガーデン)
開場11:00-18:00(予定)



ナヤマルシェ出店要項

☆アクアタウン会場

【お野菜の販売】
・出店区画2m×2m(要相談)
・出店スペースは主催者側の指定した場所でお願い致します。
ただし「野菜」の販売は広小路に面したエリアを予定しています。
・出店代金は1ブース二日間で2000円。
※販促用木箱を最大四個までお貸出し致します(無料)のでお野菜の陳列にご利用くださいませ。
また、ナヤマルシェは地産地消を推奨したイベントです。販売するお野菜はなるべく地元でとれた物を中心にラインナップして頂きますようご協力をお願い致します。
尚、テント、テーブルは各自でご用意ください。



【物販全般】
・オリジナルクラフト、アートワークス、民芸品など自由に販売頂けるエリアです。
・出店区画2m×2m
・出店スペースは主催者側の指定した場所でお願い致します。
・会場周辺の景観を考慮した陳列、設営にご協力くださいませ。
・出店代金は1ブース二日間で2000円。テント、テーブル、電源は各自でご用意ください
※二日間出店できる方を優先致します。
・二区画利用を希望される場合は申込みの前にご相談ください。
・法令に違反した物、倫理的観点からイベントの趣旨にそぐわないと判断される品。また、危険物などの販売は一切不可です。




【飲食出店】
出店区画2m×2m
・出店区画2m×2mは主催者側の指定した場所でお願い致します。。
・出店代金は1ブース二日間で3000円。テント、テーブル、横幕
(3面)は各自でご用意ください。保健所への申請事務手続きは
主催者が代行致します。
・保健所への申請に際し、販売する商品の事前申告が必要です。
・原則として生もの、加工調理が必要な飲食物の販売は不可。




【フリーマーケットエリア】
・日用雑貨などご家庭で不用となった品をリサイクル販売出来るエリアです
(出店者が製作したオリジナル商品は物販エリアのみで販売が可能です)
・出店区画1.5m×1.5m
・ブース代金は二日間で1000円
・テント、敷物は各自でご用意ください
・法令に触れる物、危険物等の販売は一切出来ません。




募集方法は以下の通り
・以下の申請フォームをコピーして、必要事項を記入しemailにて申込みください。

申込み期限:2014年8月31日まで
申込み先アドレス
mrxtd078@yahoo.co.jp
ご不明な点につきましては07056423889でも承ります。
代表者:ナヤマルシェ事務局:高山大資

☆お名前(申し込み者様)
☆ご連絡先(日中連絡がつく電話番号)
☆希望される申込み内容(お野菜、物販、飲食、フリーマーケット)
☆屋号(お店の名前、フリーマーケットエリアは不要)
☆出店内容(フリーマーケットエリアは不要)
☆露店営業許可はお持ちですか?(ある/ない)
※飲食営業には飲食営業許可の他に『露店営業許可』が必要になります。
お持ちでない方は事務局へ事前にお知らせください。

申込書の確認が取れ次第、事務局から各種連絡事項を返信を致しますのでご確認くださいませ。
また、ナヤマルシェ事務局ではイベントに彩を添えるミュージシャン、パフォーマーも随時募集しています。自薦他薦問いませんのでこちらもご応募くださいませ!

New «‡Top‡» Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。